ネコ

猫のフードの与え方と選び方は?年齢別に変えるべきなのですか?

投稿日:

この記事は約 11 分で読めます。

猫を飼っていて、当たり前のように毎日与えるフードですが、猫を飼い始める時にフードの正しいやり方などを細かく調べて実践している人は少ないのではないのでしょうか。

 

猫に正しくフードを与えることや、良いフードを選んであげることは、猫の健康や長寿にも繋がるポイントと言えます。

 

その詳細を紹介しますので、可愛い愛猫ちゃんのために学んでみてはどうでしょうか。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

 猫のフードの正しい与え方

猫は、同じくペットとして多く飼われている犬とは異なり、フードを与えたら与えただけ一度に食べることはしません。

しかし、常にフードを食べられるような状態にしておくと、太りやすいというデータもあります。

 

猫にも「肥満は万病のもと」という言葉が当てはまるのです。

フードの与え方には、大きく分けて2つの方法があり、これらはそれぞれを組み合わせてメリットを引き出すこともできます。

 

①猫のタイミングに合わせる方法

常にフードを食べられるようにしておくという方法です。

猫の好きな時に、また好きなだけ食べられる状態になります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

メリットとしては、フードが減っていたら足せばいいだけなので、とにかく飼い主にとってみれば「楽」と言えます。

デメリットとしては「どれくらい食べたのか」を把握することが難しく、体調管理がしづらくなる点があります。

 

基本的に猫は、前述したようにフードを与えてすぐに完食するということがありません。

ちょっと食べて遊んで、また食べて・・・といった「ダラダラ食い」(ムラ食い)を繰り返すのが猫の習性でもあります。

 

この場合の注意点としては、ご飯を足す際に、食器をこまめに洗ってあげないと雑菌が増えやすく、不衛生になりがちということです。

さらには、食べた量があいまいなので、太りやすいと考えられています。

 

②飼い主がタイミングを管理する方法

猫にとって1日に必要なカロリーの量を計算して、決まった量を与える方法です。

この場合、1日にあげる回数も分けてあげる場合が多いです。

 

メリットとしては、 「体重管理のしやすさ」「食欲の増減に気付きやすさ」という点があり、逆にデメリットは、 「カロリー計算や食事量の増減管理などの手間がかかってしまう」といった点があります。

 

この方法を行なう場合の注意点としては、 「食べ残し」をした際に最初のうちはお皿を下げてしまうということです。

 

最初のうちはなんだか可哀想に思えるかもしれませんが、猫自身に「完食せずに残しておくと下げられてしまう」ということを学習させることが大切です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

ちなみに我が家では①の方法を行なっています。

確かに我が愛猫は、立派なおでぶちゃんです・・・が、人間の都合でフードを取り上げるのは何だか可哀想で②の方法は行えずにいます(泣)

 

しかし、健康で長生きしてほしいと願っているので、これを機に見直そうかと改心しました。

 

 フードをあげる時の注意点

・子猫には「総合栄養食の全年齢対応」もしくは「キトン(子猫)用」と表示されたものを選ぶこと

・成猫には「総合栄養食」と表示されたものをあげること

・人間の食べ物を与えないこと

 

キャットフードをあげる時は「総合栄養食」と表示されたものを選び、それ以外のもの(特におやつ等)はあげないようにすることが望ましいでしょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

特に人間の食べ物は与えてはいけません。人間の食べには猫にとって塩分過多なものばかりで、肝臓や腎臓に負担をかけてしまうだけでなく、尿路結石の原因にもなり得るので絶対にやめてください。

 

ただし、これは普段の食生活に限る話であって、満船腎不全などを患った猫は食欲がなく、何も食べてくれないという状況の場合は、まず食べてくれるものを優先しましょう。

 

 フードの選び方

それではフードの選び方についてまとめましたので紹介します。

 

①国内産と外国産

なんとなくのイメージだと国内産の方が安心する気がしますが、実はキャットフードに関しては真逆なのです。

国産のフードには規制がほとんどなく、「食べ物」として扱われていないという事実はあまり知られていないのではないのでしょうか。

 

外国の中でも、動物愛護先進国であるイギリスでは、ペットフードに対しても人間の食品と同じくらいの厳重なルールが法律で定められています。

 

また農業大国とも言えるオーストラリアでは、ホルモン剤や抗生物質、遺伝子組み換え肥料の使用などがかなり厳しく規制されています。

 

もちろん日本でも、無添加でペットの健康を謳っている優良な企業も存在しますが、やはりペットに対する研究の内容が日本と外国を比べた際、大きな差があるのが現実です。

 

ですので、国内産フードはまだまだ外国産のものに敵わないと言っても過言ではありません。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

②ドライフードか、ウェットフードか

それぞれの特徴や価格なども違いがありますが、常食にする場合「ドライフード」がオススメと言われています。

まず、基本的な栄養素に関して言えば、ドライフードと比べるとウェットフードは劣ってしまいます。

 

フードをあげる時の注意点でも挙げましたが、フードを選ぶ際には「総合栄養食」と表示されたものを推奨するべきなのですが、そもそもウェットフードには「総合栄養食」と表示されたものがかなり少ないです。

 

また、価格に関しても、ほとんど小分けになっているウェットフードと違い、ドライフードの方は遥かにコスパがいいと言えます。

 

そして、ウェットフードに関して、よほどしっかりとした優良企業の商品を選ばないと、大半のものは添加物や粗悪な原材料が使用されている場合があるので注意が必要です。

 

唯一、ウェットフードの良い点と言えるのは、猫の食いつきがいいというところです。

我が家の猫もドライフードに比べると、ウェットフードの方が嬉しそうに食べてくれます(即完食です!さすが、おでぶ猫!笑)

 

万が一、猫が体調不良で食欲不振になってしまった場合などは、ウェットフードをうまく活用するのもいいかもしれません。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

③たんぱく質・脂質の目安

猫は完全な肉食動物なので、必ず「たんぱく質・脂質」が必要となります。

 

また高たんぱくな食事を続けた猫は尿路結石になりにくいというデータもあるくらいなので、ある程度高たんぱくなフードを選ぶ必要がありそうです。

 

理想的なバランスは、「たんぱく質30%以上」「脂質20%」と言われています。

さらに大切なのは、肉食材が豊富に含まれているものを選ぶ ということです。

一番のオススメは「チキン」です。

 

野生の猫とも言える猫の原種は、砂漠地方に生息していて「ネズミ」や「ウサギ」などの小動物を主食としているので、チキンは猫本来の食事内容に近いと言えます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

 年齢に応じたフードの与え方

①幼猫の場合

生後4週未満の猫はまだ離乳できていないので、基本的には38度くらいに温めた子猫専用のミルクを子猫用の哺乳瓶を用いて与えるのがいいとされています。

 

離乳してから1歳までの幼い猫は、栄養価の高い幼猫用のドライフード、もしくはウェットフードをぬるま湯で柔らかくして与えましょう。

 

生後7か月以降は少しずつ固めのフードに切り替えていく時期になります。歯の健康のためにもドライフードが推奨されています。

 

②成猫の場合

生後1年くらいを目安に、成猫用のフードに切り替えます。

 

また場合によっては、避妊・去勢手術を受けた猫は、それ専用のフードも存在します。獣医師さんと相談して、どちらのフードを与えるか決めるのもオススメです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

我が家の猫は現在この年齢域で、去勢済みなので、去勢後の猫用に作られているフードを食べています。

一応、食べ過ぎて肥満になるのを防いでくれるというフードではあるのですが、おまんじゅうのようなボディラインの愛猫です。

 

③高齢猫の場合

6~7歳を目安に高齢猫の域になります。

若い猫と同じカロリーの食事を与えると肥満の原因となります。低カロリー設計の高齢猫用フードに切り替えるといいでしょう。

 

④老描の場合

10~11歳になると今まで以上に年齢を感じるようになります。

例えば、運動量や食事量の減少が挙げられます。

 

高齢でも健康的であるためには、しっかりと食べることが基本となるので、この時期は少量でもしっかりと栄養やカロリーが取れる老齢期用フードを与えるのが望ましいでしょう。

 

キャットフードも様々なものが売られていて、どれがいいのか迷ったことがある方も多いと思いますが、猫と言っても大切な家族の一員であることには変わりはないですよね。

 

彼らの健康のためにも、今一度フードを見直してみるのもいいかもしれません。

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャットフードの与え方と選び方について紹介しました。

フードを選ぶ時の基準では、ウェットフードとドライフードについての基礎知識をお伝えしました。

 

また年齢別で気を付けたい猫の食事のポイントについても紹介しました。

記事を読まれて何か質問や要望がございましたら、遠慮なく「問い合わせ」からコメントして下さい。

よろしくお願いします。

 

関連記事

猫の留守番で冬の寒さ対策は?暖房やエアコンは?グッズあるの?

この記事は約 8 分で読めます。猫は寒さが苦手な動物であるというのは、誰しもなんとなくイメージを持っているのではないでしょうか。 実際に「猫はこたつで丸くなる」なんて童謡もあるくらいで、猫は寒さを嫌い …

猫の性別による性格の違いや特徴は?家で飼いやすいのはどっち?

この記事は約 9 分で読めます。  初めて「猫を飼ってみようかな」と悩んでいる皆さんへ。   様々なメディアで取り扱われるようになった「ペットとしての猫」ですが、皆さんは猫の性格に …

猫アレルギーの治し方で”今すぐ”って?治る方法や克服方法は?

この記事は約 14 分で読めます。猫を飼いたいのに猫アレルギーを持っている・・・。 すでに猫を飼っていて、突然猫アレルギーを発症してしまった・・・。   そんな悩ましい問題を抱えている人は少 …

猫アレルギーでも飼える猫は?少ない猫や飼いやすい種類は?

この記事は約 11 分で読めます。猫は本当に可愛い!!   昨今の猫ブームにも乗っかって、猫を飼いたいと考え始めたものの、自分や一緒に暮らす家族が猫アレルギー持ちだった場合、猫との生活を諦め …

猫の気持ちがわかる!ひげや寝姿とか姿勢で気分や感情を知ろう!

この記事は約 9 分で読めます。猫は人間と違い、言葉を発することができませんが、猫が見せる様々な仕草から感情を読み解くことができます。 どんな意味があるのか知っているだけで、今以上に猫が可愛く見えてき …

プロフィール

プロフィール
こんにちは『blog.IQさん』の管理人です❣
ブログのタイトルは、『IQ』という知能指数、『一休さん』という~あわてない,あわてない,ひとやすみ,ひとやすみ~のフレーズで有名な小坊主さん、『一球』という球技で一つの球を追うことをまとめて表しています。
人生が楽しく、感動をしながら生きることをモットーにブログの運営をしています。
誰もが世界に一つだけの花、自分らしく生きましょう⁉