スボーツ

箱根駅伝2018の東海大学!エントリー注目の鬼塚選手と監督について!

投稿日:

この記事は約 4 分で読めます。

2018年も年が明けて1月2日・3日に「箱根駅伝2018」が開催されます。

今回は出雲駅伝2017で10年ぶりに優勝をした東海大学にスポットライトを当てたいと思います。

全日本駅伝2017でも2位で、今大会では優勝を狙えると言われていますね。

そんな東海大学のエントリー選手と注目の選手、そして監督などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

 

東海大学

東海大学は箱根駅伝への出場が今年で45回目になります。

しかし大学三駅伝と言われる『出雲駅伝』『全日本大学駅伝』『箱根駅伝』の中で、唯一『箱根駅伝』では優勝を果たしていないんですね。

 

最高順位は2003年に開催された「第80回大会」の2位です。

そんな東海大学に『黄金世代』のスーパールーギーズが新たな風を吹かせています。

 

それは現在2年生の「關(関)楓人選手」「鬼塚翔太選手」「菅澤享次選手」「松尾淳之介選手」たちの存在なんです。

彼らが『黄金世代』として東海大学の主軸になり、出雲駅伝2017では優勝を果たしました。

 

この勢いを持ちつつ冷静なレース運びができれば優勝も夢ではないと言われています。

 

スポンサーリンク

 

監督について

両角速(もろずみはやし)監督

長野県茅野市出身で1966年7月5日生まれの51歳です。

2011年から東海大学の駅伝監督をしています。

 

エントリー選手

12月29日にエントリー発表がありました。

ただし暫定のメンバーになります。

 

箱根駅伝は往路当日の2日午前7時と復路当日の3日午前7時に補欠選手と最大で4名まで交代ができます。

1区/關颯人
2区/阪口竜平
3区/鬼塚翔太
4区/春日千速
5区/松尾淳之介
6区/中島怜利
7区/國行麗生
8区/郡司陽大
9区/湊谷春紀
10区/川端千都

(補欠)
三上嵩斗
湯澤舜
髙田凜太郎
館澤亨次
西川雄一朗
西田壮志

 

スポンサーリンク

 

注目選手

 

關(関)楓人 プロフィール

生年月日; 1997年4月11日

出身地 ; 長野県茅野市

出身高校; 佐久長聖高校

身 長 ; 178cm

 

關楓人選手は『出雲駅伝』でアンカーの区間賞を獲得しています。

しかし前回の箱根駅伝では調整不足を犯してしまいましたので、そのリベンジを誓います。

鬼塚翔太 プロフィール

生年月日; 1997年9月13日

出身地 ; 長崎県松浦市

出身高校; 大牟田高校

身 長 ; 170cm

 

出雲駅伝では4区の区間賞を獲得しています。

前回の箱根駅伝は1区を2位で通過しています。

 

まとめ

いよいよ箱根駅伝2018が開催されます。

東海大学の黄金世代がどのような活躍をしてくれるのか楽しみですね。

 

関連記事

清宮幸太郎は守備が下手なの?評価は良いの?守備位置はどこ?

この記事は約 7 分で読めます。ドラフト会議で日ハムへの入団が決まるであろう清宮幸太郎選手。   さまざまな憶測がネット上に飛び交っていますね。   とかくバッティングだけがピック …

ダルビッシュがカブスへ!理由や場所はどこ?サイヤング賞は?

この記事は約 9 分で読めます。ようやくFAで移籍先を探していたダルビッシュの所属チームが決まりましたね。 シカゴ・カブスと契約合意に達したようです。 2018シーズンはMLBの古豪「シカゴ・カブス」 …

トーレスとサガン鳥栖の契約金は?最新の移籍理由や背番号は?

この記事は約 6 分で読めます。驚きのニュースが入ってきました。 あのフェルナンド・トーレスがいったんは破談になったと思われたサガン鳥栖と契約合意したんです。 えーっ、誤報じゃないの? 違います、本当 …

中村奨成のドラフト予想指名球団と評価は?母子家庭の理由は?

この記事は約 7 分で読めます。今年の夏の全国高校野球大会で一躍ヒーローになった広陵高校の中村奨成選手。   広島県では名の知れたスラッガーだったそうです。   いよいよドラフト会 …

清宮幸太郎の現在の評価が低い理由は?指名球団の予想は?

この記事は約 6 分で読めます。いよいよドラフト会議ですね。   清宮幸太郎選手はどこの球団に行くのでしょうか?   気になるところです。   間違いなく清宮幸太郎選手は …

プロフィール

プロフィール
こんにちは『blog.IQさん』の管理人です❣
ブログのタイトルは、『IQ』という知能指数、『一休さん』という~あわてない,あわてない,ひとやすみ,ひとやすみ~のフレーズで有名な小坊主さん、『一球』という球技で一つの球を追うことをまとめて表しています。
人生が楽しく、感動をしながら生きることをモットーにブログの運営をしています。
誰もが世界に一つだけの花、自分らしく生きましょう⁉