相撲

横綱審議委員会は老害でいらない?役割とメンバーは何様?

投稿日:

この記事は約 9 分で読めます。

3月25日に幕を閉じた大相撲の3月場所優勝は横綱の鶴竜さんでしたね

ですが、横綱在位が史上最長になった白鵬さんは1月の初場所に続いて休場。

 

また2017年1月に横綱に昇進した稀勢の里さんも在位7場所で6連続休場となりました。

また昨年には当時横綱だった日馬富士さんが暴力問題を起こしましたね。

 

現在「横綱の品格」が問題となっています。

力士の横綱への昇進を決める横綱審議委員会。

 

その実態を調査しました。

元横綱 日馬富士

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

横綱審議委員会は老害というウワサは?

横綱審議委員会 北村委員長↑↑

横綱審議委員会は老害だといわれていますね。

なぜそのように言われているのでしょうか?

 

その理由は「慣習破り」と「責任逃れ」だと思われます。

そのように言われるきっかけになったのは、2017年1月の初場所優勝での稀勢の里さんの横綱昇進

 

もともと、横綱昇進の内規には「二場所連続優勝かそれに準ずる成績」とされてます。

その中での、準優勝(12勝3敗)からの初優勝(14勝1敗)という成績での横綱昇進。

 

貴乃花さんの横綱昇進の記録を見たら甘すぎますよね↓↓

1993年、5月場所と7月場所を14勝(優勝)・13勝

1994年、1月場所から9月場所までの5場所中3場所で優勝、うち9月場所では全勝を果たし(14・11・14・11・15勝)、9月場所後には理事長から横審への諮問が行われたが、昇進を見送られた。

 

横審が否定の答申をした理由は、2場所連続優勝でないこと。

特に7月場所の11勝で貴乃花の綱獲りは白紙に戻ったとされた。

 

貴乃花は翌11月場所も15戦全勝し大関の地位で30連勝、大関の地位「2場所連続全勝優勝」の非の打ち所のない成績で、ようやく横綱昇進を果たした。

 

これは、14年ぶりに「日本出身の横綱を誕生させたかった」という、いわば話題作りだったと思われます。

 

その証拠に稀勢の里さんの横綱昇進後の成績はとても悪いです↓↓

在位6場所で皆勤は1場所にとどまり、横綱昇進後の勝率が史上最低の・553(26勝21敗33休)。

横綱が5日目までに4敗するのは65年ぶり、2場所続けて3日続けて金星を配給するのは87年ぶりと、まさに歴史的弱さだ。(塚沢健太郎/スポーツ紙記者)

 

それ以外にも、昨年10月の日馬富士の暴力事件では、12月に臨時の横綱審議委員会が開かれ、その後、記者会見が行われました。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

そこで、横綱審議委員会の北村委員長は、

日馬富士さんには、

引退勧告に相当する

とこめんとしましたね。

 

そして、現場に同席しながら止められなかった白鵬・鶴竜の2名には、

、厳重に注意するべきと進言する

と述べたんです。

 

ですが、横綱がこのような事件を起こしたことについては、

横綱推挙の要件は、品格・力量が抜群であること。

力量は場所の成績でわかる。

品性については、日常どういう生活をしているか、稽古場でどうであるか、本場所の土俵上でどうあるかは若干見えますが、そういうことを委員会自身で調査するわけにもいかない。

その力量もないし権限もない。

責任逃れとも取れることを言っています

 

ただ成績から判断するだけならだれでも出来るでしょう。

しかも、前述しているように、稀勢の里さんの成績は、今までの横綱の昇進記録と比べたら、かなり悪いです。

 

ただ成績で判断するというのなら、なぜ稀勢の里さんは横綱に昇進したのでしょうか?

言動に一貫性がないように思えます。

 

自分たちの言動には責任を持ってもらいたいですね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

横綱審議委員会のメンバーは?

現在の『横綱審議委員会』のメンバーは、9名で構成されているんです。

北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)

宮田亮平(文化庁長官)

岡本昭(岡安証券最高顧問)

矢野弘典(産業雇用安定センター会長)

高村正彦(自民党副総裁)

杉田亮毅(元日本経済新聞社社長)

勝野義孝(弁護士)

山内昌之(東大名誉教授)

都倉俊一(作曲家)

 

横綱審議委員会のメンバーは、規則によると、

相撲を最も愛好し、相撲に深い理解を有する各方面の良識者をもって構成され、その委員は好角家・有識者のうちから協会が委嘱する。

とされています。

 

委員長は、委員の互選によって選出されています。

委員会の定数は、7名以上15名以内で構成するという規則になっており、2017年は11名でしたが現在は9名の委員です。

 

任期に関してですが、委員は1期2年、最長で5期10年までとされています。

また、委員長は1期2年、最長で2期4年までと定められています。

 

さて、現在の委員長である、北村正任委員長が『毎日新聞社の名誉顧問であること』をご存知でしょうか?

また、歴代の委員長のうち9人がマスコミのトップだったんですね。

 

つまり、大相撲に対する批判的な報道を封じる作戦であるともいわれているんです。

なるほど、そう言われるとメディアをコントロールすることで、明るみにしたくない事を隠すことができますよね。

 

2017年の日馬富士さんの暴力事件では、貴乃花親方が、テレビ番組『独占緊急特報!! 貴乃花親方すべてを語る』に出演しました。

コレは驚きましたね。

 

ず~っとダンマリだった貴乃花親方が、突然テレビに出て心境を告白!!みたいになりましたからね。

 

そのテレビ番組内で貴乃花親方は、八角理事長から警察への被害届の取り下げを求められていたことを明かしました。

当初から協会が発表することと、私が思っている真実と報告してきたこと、回答してきたことはあまりにも違いがある

と話すなど、日本相撲協会が隠ぺい工作をしていたという話がでました。

 

2011年の八百長問題など以前から、隠ぺいの問題が取り挙げられてきた相撲業界ですが、横綱審議委員会もその一端を担っているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

横綱審議委員会の役割は?

もともと横綱というのは、一部の大関に与えられた名誉称号でした。

それが正式に力士の最高位の地位になったのは、1909年のことです。

 

その後1950年に横綱の濫造(らんぞう)が問題となり、横綱審議委員会は発足しました。

横綱への昇進の時に話題になりますが、横綱審議委員会の役割は力士の横綱への推薦だけではありません

 

現役の横綱に対する監視も重要な役割であり、成績不振の横綱に対する勧告として、「激励」「注意」「引退勧告」を行うこともあります。

 

横綱昇進決定後の稀勢の里

 

また2017年1月に昇進した稀勢の里さんに対しては2018年2月に北村委員長は、

「ここ数場所、同じこと(途中休場)の繰り返しは誠に残念」

「同じことが繰り返されるようなら、『横審としても考えなきゃいけないだろう』という意見もありました」

と話されています。

 

おそらくこのままの状況が続けば、稀勢の里さんに「引退勧告」を行うのではないかと思います

大関以下の地位だと力量が落ちても、格下げすることで、現役を継続できますが、力士の最高位である横綱は昇進後、大関に格下げされることが出来ません。

 

もし、昇進後1年で「引退勧告」するようであれば、稀勢の里さんは、横綱審議委員会に潰されたといってもいいかも知れませんね。

 

まとめ

2017年の日馬富士さんの事件では、日馬富士さんに対して「引退勧告」鶴竜・白鵬の2名に対して「注意」を行ったと紹介しました。

それだけ力士に対する教育・指導的立場があるのが横綱審議委員会なんですよね。

今後は公正かつ責任逃れなどしないで、役割を全うしてもらいたいものです。

 

関連記事

大相撲の番付/階級/格付けと幕内/幕下/関取をわかりやすく解説!

この記事は約 9 分で読めます。大相撲を何気なく見ていると『番付』や『幕内』など、当たり前に使われる相撲の用語があります。 でも「よくわからないなぁ…」と思っている方もいるのではないでしょうか? そこ …

日馬富士の真相で八百長はあったの?白鳳との仲や先輩はどっち?

この記事は約 6 分で読めます。日馬富士さんに関するニュースが連日報道されていますね。 モンゴル人力士の第70代横綱として活躍されていましたが、最近は貴ノ岩さんへの暴行や引退のニュースで持ちきりです。 …

相撲協会の理事選挙と理事長選挙の仕組みと方法は?投票権は誰?

この記事は約 8 分で読めます。2018年の初場所も終わり、いよいよ2年に一度の役員改選がありますね。 貴乃花親方が理事選挙に立候補することで話題になっています。 選挙と言っても一般の人が投票できるわ …

貴乃花親方が落選した理由はなぜ?理事選の結果の真相と今後は?

この記事は約 11 分で読めます。2018年2月2日、相撲協会の理事選挙が行われました。 元日馬富士関の暴行事件をキッカケに、相撲協会はたくさん話題になっていましたので、理事選挙も大きな注目を集めてい …

行司の式守伊之助!年収と仕事内容や役割をわかりやすく解説!

この記事は約 7 分で読めます。相撲界があらゆる意味で注目を集めていますね。 元日馬富士関や貴乃花親方の問題、また行司の式守伊之助が懲戒処分を検討されるという不祥事も起きました。 今回は注目を集める相 …

プロフィール

プロフィール
こんにちは『blog.IQさん』の管理人です❣
ブログのタイトルは、『IQ』という知能指数、『一休さん』という~あわてない,あわてない,ひとやすみ,ひとやすみ~のフレーズで有名な小坊主さん、『一球』という球技で一つの球を追うことをまとめて表しています。
人生が楽しく、感動をしながら生きることをモットーにブログの運営をしています。
誰もが世界に一つだけの花、自分らしく生きましょう⁉