政治

希望の党、公約の発表はいつ?政策で自民党と連携する?

投稿日:

この記事は約 5 分で読めます。

民進党が解党をして合流をした「希望の党」は意にそぐわない議員を「排除」しました。

 

そのことにより「立憲民主党」が結党し、野党が林立しています。

 

さて、小池氏が率いる希望の党ですが、公約はいつ発表になるのでしょうか?

希望の党の公約は?

 

「希望の党」は公約の内容調整に大忙しです。6日までには発表したいとのことです。

スポンサードリンク

内容としては、自民党と対峙している「反消費税増税」「原発ゼロ」などは変わりませんが、原発ゼロ稼働を2030年までと期限を設けるなど、具体的な内容もあります。

 

スポンサーリンク

 

それと同時に再生可能なエネルギーを30%向上させるなどの内容も盛り込まれる予定です。

 

また「憲法改正」は基本的に自民党寄りではありますが一致はしておらず「9条を含めた議論」という内容になる見通しです。これはいわゆる革新勢力との対峙を表しています。

 

 

公約に関しては小池氏が自ら発表するとのことです。

 

 

民進党議員の試練!

小池氏は民進党の議員をまるごと受け入れることをせずに、「排除」という手を打ちました、勿論「希望の党」の政策や考えと全く合わない議員を入れるわけにはいきませんから、当然ですよね。

 

今月の3日に発表された第一次公認候補者は192名でした。そのうち民進党の出身者は110名です。

 

本当に政策の面で同じ考えなのか?選挙のため、選挙に勝つために一時的に考えを曲げているのではないか?という疑いの声がたくさん聞こえてきます。

 

立憲民主党が結党!

小池氏の排除により「希望の党」から公認を得られなかった、いわゆるリベラル派の議員は「立憲民主党」に流れ込むでしょう。

 

立憲民主党は50人以上の出馬を目指しています。

 

立憲民主党の長妻代表代行は記者会見で、
「希望の党も野党の立ち位置であったとすれば、挟み撃ちにしていく安倍内閣、自民党政権を。それで我々が勝ち上がっていく」

とコメントしました。

 

自民党の反応は?

 

自民党は野党が林立する中で、対立軸がはっきりしてきたことでとても分かりやすくなったと感じています。国民が選択しやすくなったということです。

 

野党は5年間続く安倍政権をなんとか倒そうと躍起になって来ます。森友問題や政策面では「憲法改正」「消費税増税」「原発ゼロ」など、反対に回ってきます。

 

安倍総理は街頭演説で

「ただ単に当選するために右往左往しているような姿を国民に見せるべきではない。大変残念な状況になっています」

と一連の民進党と希望の党の分裂騒動を批判しています。

 

公示まであと6日、世論調査でも今のところ自民党が頭一つ抜け出ていると言った状況です。

 

 

関連記事

音喜多駿が反発した理由は?都民ファを離脱し新団体を結成?

この記事は約 3 分で読めます。 ついに小池氏に反発する議員が内部から出ました。   地域政党の「都民ファーストの会」からです。   誰が謀反をお犯したのか? IQさん 二人は東京 …

野田聖子の現在の夫は?総裁選は?子供の小学校は?病気なの?

この記事は約 2 分で読めます。 野田聖子さんは自由民主党に所属している衆議院議員です。   現在は総務大臣をはじめ、マイナンバー制度を担当する内閣府特命担当大臣と女性活躍担当大臣も兼任して …

裁量労働制2018とは?わかりやすく解説!メリットデメリットは?

この記事は約 7 分で読めます。2018年現在、安倍政権が働き方改革を実施するため裁量労働制を導入しようと国会で議論されています。 結局3月1日、衆院予算委員会で安倍首相は裁量労働制の対象拡大について …

安倍首相は衆院選で安泰か?ポイントや有利な点とか強みは何? 

この記事は約 2 分で読めます。 小池氏が「希望の党」を立ち上げ、また民進党は解党後に枝野氏が「立憲民主党」を立ち上げました。   衆議院が解散してから選挙に向けて混沌としてきましたが、自民 …

小池百合子が出馬を断念した理由は?希望の党で政権交代をする! 

この記事は約 2 分で読めます。   小池氏は衆院選に出馬するのか?それによっては自民党の脅威になりかねない。   小池氏の動向に注目が集まっている。   果たして都政を …

プロフィール

プロフィール
こんにちは『blog.IQさん』の管理人です❣
ブログのタイトルは、『IQ』という知能指数、『一休さん』という~あわてない,あわてない,ひとやすみ,ひとやすみ~のフレーズで有名な小坊主さん、『一球』という球技で一つの球を追うことをまとめて表しています。
人生が楽しく、感動をしながら生きることをモットーにブログの運営をしています。
誰もが世界に一つだけの花、自分らしく生きましょう⁉