ロシア大会での新ルールは3つでした。

しかし今後のワールドカップで実施が検討されている新ルールも紹介しますね。

参加国の増加

この参加国の増加は、2026年のワールドカップから実施されることで決定しています。

現在の32か国から48カ国になります。

ただ、それに伴うグループリーグの方式が現在検討されています。

国際サッカー連盟(FIFA)は10日、スイス・チューリッヒの本部で理事会を行い、W杯の出場枠を2026年より現行の32か国から48か国に拡大することが満場一致で決定したと発表した。
参加チームの拡大で大会全体のレベル低下を危惧する声があがる中、3チームずつ16組に分かれて行われるグループリーグの大会方式に関しては競技の公平性も疑問視されている。グループリーグが3チームによって争われることで、各グループの試合数は全部で3試合。1試合ずつ3日間に分かれて開催されることになる。

イエローカードが「一時退場」になる

現在、イエローカード1枚目は「警告」です。そして2枚目で「退場」になりますね。

そして、1枚目の「警告」ではそのままプレーできます。

このルールを変更しようというのです。

どのような新ルールかというと、1枚目の「警告」が出た時点で「10分間の退場」にするというのです。

つまり、試合に出れないというルールを検討しているんです。

イングランドサッカー協会の審判長曰く「将来的に導入はほぼ確実」だそうですよ。

これで更にイエローカードをもらわないように慎重になるでしょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

監督・スタッフ・ベンチ選手もイエローカード

監督やスタッフとベンチ入りの選手もイエローカードが適応されることが新ルールとして検討されています。

選手と同じようにイエローカードの累積があるのか?

まだ明らかにはされていません。

 

PK戦が「ABBA方式」に変更

現在のPK戦は「先攻が圧倒的に有利」と言われています。

実際、やはり不公平のデータあるんですね。

その不公平感をなくすために先攻と後攻を入れ替える方式です。

日本でもルヴァンカップで導入されました。

『ABBA方式』とは、これまで先攻・ 後攻で交互にPKを蹴っていたが、Aが1本蹴ったら、Bが2本蹴り、Aが2本といったように最初と最後を除いて同じチームが2本続けて蹴る方式のことをいう。

引用;イングランドで初の『ABBA方式』 / ゲキサカ

まとめ

新ルールがロシア大会で導入されました。

また、今後導入が検討されているルールも紹介しました。

更に、エキサイティングな試合がワールドカップで行われることを期待します

よりフェアーに、より誤審が少なくなり、気持ちが良い試合は感動を呼びますよね

SAYOちゃん
スタメン漏洩はなぜ起きたの?⬇

スタメン漏洩はどこのメディア?関係者とは誰?八反誠が原因?

SAYOちゃん
サッカー選手になぜタトゥーーが多い?⬇

サッカー選手にタトゥーがなぜ多い?その理由や意味と日本人は?

IQさん
W杯ロシア大会注目の若手選手をチェック⬇

ロシアワールドカップの若手の注目選手は?次世代スターは誰?

SAYOちゃん
W杯の会場や気候をチェック⬇

ロシアワールドカップの会場の気温や時差とスタジアムの地図は?

IQさん
W杯のイケメンをチェック⬇

ロシアワールドカップでイケメン代表選手の世界ランキング!

IQさん
ロシアW杯のテーマソング♬をチェック⬇

ロシアW杯のFIFA公式曲と各局テーマソングとキャスターは?

SAYOちゃん
歴代マスコットをチェック😍⬇

サッカーワールドカップの歴代マスコットキャラクターと優勝国は?

SAYOちゃん
ドイツはなぜ負けたの?⬇

W杯サッカードイツなぜ負けた?敗退の原因や敗因に韓国嫌いの反応が!

スポンサードリンク

スポンサードリンク