事件

大口病院で逮捕の看護師は誰?犯人の動機は?横浜はじめ病院の改名?

投稿日:2018-07-07 更新日:

この記事は約 10 分で読めます。

驚きのニュースが入ってきましたね。

平成28年9月に横浜市神奈川区の大口病院で起きた事件で進展がありました。

病院に勤務していた久保木愛弓元看護師を殺人容疑で逮捕しました。

一時は迷宮入りするかと思われた事件ですが、解決に向けて動き出しましたね。

被害に合われた方を思うと悲痛な思いになります。

久保木愛弓元看護師がついに自白をしたんです。

今回は事件の真相と、看護師について記事にしたいと思います。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

大口病院事件とは?

横浜市神奈川区の大口病院に入院していた八巻信雄さん(88)が点滴に界面活性剤を混入されて中毒死した事件で、同室の入院患者の西川惣蔵さん(88)も同様に殺害されたことが分かった。

西川さんが死亡したのは八巻さんが死亡した2日前の18日(2016年9月)で、体内から八巻さんと同じ界面活性剤の成分が検出された。4階のナースステーションに置かれていた点滴と同じとみられている。18日と20日には別の80代の男性と90代の女性も死亡していたが、2人は司法解剖で病死と診断された。

引用元;https://www.j-cast.com/tv/

 

被害に合われた方は点滴に異物を混入されたということです。

それが原因で中毒死したということになっています。

その異物というのが界面活性剤なんです。

 

界面活性剤とは本来、分離してしまう水と油を混是合わせることが出来る化学薬品です。

病院で使う消毒液や家庭においては洗剤などに用いられていますね。

この界面活性剤は大量摂取すると毒性が高まり死に至るとのことで犯人はこの認識があったとされこともある』と専門家も説明しているとのことです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

大口病院で逮捕の看護師は誰?鈴木えみこ?

やはり逮捕されるのは看護師でしたね。

点滴に混ぜ合わせた界面活性剤が病院で使用している消毒液だったことがわかっていました。

そして何より、点滴に異物を混ぜるなんてことは病院の関係者以外考えられませんからね。

ネットでひ犯人は「鈴木えみこ」と名前が検索されていましたがデマでしたね。

犯人の名前は久保木愛弓でした。

 

以前、犯人とされる3人の実像は公開されていました。

大口病院の事件の犯人について、警察はすでに何人かの看護師に目星をつけているとされている。

そして最新の週刊誌では、現在最も怪しいと思われている、大口病院に勤務する3人の看護師についての情報が公開されている。

まずは事件が発生した大口病院の四階を担当する看護師のYさんだ。

Yさんは八月、神奈川署にて「病院でいじめを受けている」と相談し、九月末には退職したという。

いじめで溜まったストレスを発散するように、患者を道具として使用したではないかと疑われている。

次はYさんと同じ四階を担当をしており、Yさんとはそこそこ仲が良い同僚であるNさんだ。

NさんはYさんがいじめに遭った事と、いじめの犯人の正体を知っている。

しばらくしたら、このいじめを見かねてNさんは横浜市にメールで通報し、ツイッターでも大口病院の内情を暴露していたのだ。

そのため、Nさんも病院ではあまりいい思いがなく、Yさんと同じ理由でストレスの発散のためではないかと疑われている。

最後は病院関係者に「変わり者」と言われる看護師のXさんだ。

同じく四階を担当する看護師であり、極度の心配性と潔癖症がある。

それなのに、患者が残した飲み物を口にしたり、寝たきりの患者に対して暴言を吐いたりするという異常な行為から、変わり者という印象を周りの関係者は待ったとのことだ。

そして上記でも説明したいじめ行為を行った張本人である。

Yさんの白衣を引き裂けた事やYさんの飲み物に漂白剤を入れたこともあったのだ。

Yさんは飲み物に異物が混入されたとされる、17日から18日の朝にかけてYさんは勤務していなかったそうだ。

そうはいっても、点滴に異物を混入しておくことも可能なため、Yさんのアリバイにはならないとのことだ。

しかしこの3人のどれにも当てはまらなかったようです。

大口病院は、当時務めていた看護師を全員解雇にしています。

そして、「横浜はじめ病院」に改名をして、病院は継続して経営されています。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

大口病院の犯人の動機は?

久保木容疑者は「他の入院患者の体内にも消毒液を入れた。20人ぐらいやった」とも供述。動機については「自分が勤務のときに亡くなると、家族への説明が面倒だった」などと説明したという。県警は2人を含む計4人の患者の体内から消毒液の成分を検出しているといい、慎重に解明を進める。

なんと犯行の動機は、説明が面倒臭かったからだそうです。

驚きましたね。

やはり、これは個人的な問題が大きいのかもしれません。

 

大口病院は横浜はじめ病院に改名!

入院患者の2人が被害に合ったとされた大口病院は、やはり世間体が悪いですよね。

そのため患者数が減っていることを懸念して平成29年12月1日から病院名を変更しています。

前述したように、「大口病院」から「横浜はじめ病院」にしていますね。

病院長である鈴木峻氏は、「新たなスタートとして一新するつもり」とコメントしました。

「はじめ」という病院名も「新しいスタートをはじめる」から取っているようです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

大口病院の場所は?

では、マップで病院の場所を確認しましょう。

横浜市神奈川区大口通130にあります。

 

大口病院の真相は?

そもそも、大口病院ではいろいろな問題が起きていたんですね。

しかも病院の4階ばかりで不可解な問題が起きていたんです。

例えば、事件が起きた平成28年4月には看護師の服がずたずたに刃物で切られていたんです。

凄い怖いですよね。

更衣室はナースステーションは別の奥の部屋でしょうから内部の関係者しかできないことですね。

また、同じ年の8月には看護師の飲みかけのペットボトルに異物が混じっていたんですよ。

えーっ、それって信じられない嫌がらせ。

でも、そんなことしたら「あっ、あの人だ」とかすぐにわかりそうですけどね?

更に大口病院4階には「恐怖」があって、なんと平成28年7月から9月に入院した患者のうち、約50人が続けて亡くなっているんです。

そして点滴への界面活性剤混入事件が発覚したのが平成28年9月です。

さすがにおかしいですよね。

しかし、大口病院が終末医療の患者さんが多い病院のために事件が長引いていたんですね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

まとめ

今回の大口病院の事件、やはり病院のセキュリティに問題があったとも言えるでしょうね。

監視カメラや看護師の2人体制など整理しないといけない問題が多いでしょう。

いづれも経費がかかりますから、すぐに改善できる問題ではありません。

いずれにしても二度と同じような事件を繰り返さないように、病院側もシステムを改めるなどが必要でしょうね。

今後もこの事件には注目です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

関連記事

さいたま大宮の火事の場所は?風俗店の店名や火災の原因は?

この記事は約 5 分で読めます。年の瀬も押し詰まる時期ですが、悲しいニュースが飛び込んできました。 さいたま市大宮の風俗店で火災が発生したそうです。   火災が発生したのは白昼の午後2時頃で …

延岡学園バスケ部で暴行の留学生と監督は誰?名前や顔画像と審判は?

この記事は約 12 分で読めます。 日大のタックル問題が終息をしない中で、また学生の部活動による暴行事件が起きました。 どうやら高校のバスケットボール部での出来事です。 延岡学園高校のバスケ部は強くて …

富岡八幡宮の初詣2018は中止なの?行かない?どうなるの?

この記事は約 5 分で読めます。2017年も師走を迎え、慌ただしい年の瀬に恐ろしい事件が起きましたね。 12月7日、江東区の富岡八幡宮付近で起きたこの事件は、宮司を巡る親族間のトラブルが発端でした。 …

和田晃一良(コインチェック社長)のプロフィールや学歴と年収は?

この記事は約 5 分で読めます。驚きのニュースが飛び込んできました。 顧客の約580億円もの仮想通貨が流出したとネットで話題になっています。   その事件を起こした会社は和田晃一良社長の『コ …

佐野太(文科省局長)の裏口入学の息子の名前は貴徳!顔画像や経歴は?

この記事は約 9 分で読めます。驚きのニュースが飛び込んできました。 文科省の佐野太元局長が容疑者として逮捕されたんです。 容疑は「受託収賄罪」なんですね。 佐野太元局長の息子なんですが、なんと東京医 …

プロフィール

プロフィール
こんにちは『blog.IQさん』の管理人です❣
ブログのタイトルは、『IQ』という知能指数、『一休さん』という~あわてない,あわてない,ひとやすみ,ひとやすみ~のフレーズで有名な小坊主さん、『一球』という球技で一つの球を追うことをまとめて表しています。
人生が楽しく、感動をしながら生きることをモットーにブログの運営をしています。
誰もが世界に一つだけの花、自分らしく生きましょう⁉