スボーツ

バブルボールでサッカー!家族でレクレーション手軽にゆるスポ!

投稿日:2017-09-01 更新日:

この記事は約 3 分で読めます。

  • サッカーワールドカップ、アジア最終予選が31日に行われました。

    一度も勝ったことがないオーストラリアを相手に2-0で勝利、6大会連続6度目のW杯出場を決めました。

    スポンサードリンク

    ワールドカップ出場決定!バブルサッカー界にも影響?

    ワールドカップ出場に対しては評価は決して良いものではありませんでしたが、ハリルホジッチ監督の采配も光り大胆に若手へとシフトしました。

    バブルサッカー! バブルボール!
    日本代表がワールドカップ出場を決めて盛り上がるサッカーですが、バブルサッカーも注目を集めています。

    https://twitter.com/bubble_JAPAN/status/891560990063468544

    9月1日にバンダイの子会社シー・シー・ピーより発売される「バブルボール」はビニールでできた本体に市販の空気入れで膨らませるだけ。スッポリとかぶって遊べます。

    遊び方は一人でも恋人同士でもまた複数人でも楽しめます。

     

    転がったりぶつかったり衝撃が吸収されるためいろいろな遊び方に応用が可能、サッカーなどスポーツとしても遊べます。かぶったままでフットサルをしたりできるのも面白いですね。

    内側には取手が付いていますので安定しています。身長は120センチ以上が推奨され、年齢は8歳以上からですのでお子さんとも楽しめますね。

    スポンサーリンク

    日本バブルサッカー協会も薦める!

    ワールドカップが開催されるほど世界でも人気がある「バブルボール」。

    【日本バブルサッカー協会】というのがあるのですが、その協会の萩原拓也さんは、

    「世界的には“ワールドカップ”が開催されるほど人気があるバブルサッカーの、日本国内での普及に役立つはずです」http://hobby.dengeki.com/news/432860/

    と家庭用に販売されることに対していコメントしています。

    また、【世界ゆるスポーツ協会】の代表理事である澤田智洋氏は、

    「運動が苦手な方も、このバブルボールを使用することで今までにない“手軽で楽しいスポーツ”を体験してもらえると期待しています」http://hobby.dengeki.com/news/432860/

    と応援しています。

    家庭用の【バブルボール】販売により、新たなコミュニケーションツールがアウトドアーでの楽しみ方を増やしてくれました。

    関連記事

    トーレスとサガン鳥栖の契約金は?最新の移籍理由や背番号は?

    この記事は約 6 分で読めます。驚きのニュースが入ってきました。 あのフェルナンド・トーレスがいったんは破談になったと思われたサガン鳥栖と契約合意したんです。 えーっ、誤報じゃないの? 違います、本当 …

    マー君がキリトルTVを否定【動画あり】!テレビが謝罪!

    この記事は約 2 分で読めます。 「言ってない」とマー君が完全否定した。 マー君は何を言ってないのか?どうしてテレ朝は謝罪したのか?を紹介したい。 こちらの記事も読まれています!清宮幸太郎は進学はせず …

    藤巻紗月は慶應大学?出身高校や現在の彼氏は?シャワーや筋肉って?

    この記事は約 6 分で読めます。 フィンスイミング日本代表の藤巻紗月さん。 フィンスイミングといえば、オードリー春日さんが2015年にフィンスイミングワールドカップマスターズ2015で銅メダルを獲得し …

    亀田興毅が現役復帰宣言!理由や相手は誰?日程はいつ?

    この記事は約 7 分で読めます。2018年1月1日にAbema TVの企画『亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円』が放送されました。 ネットテレビなのでPCを見ながらテレビを見ていたという人も多かった …

    大谷翔平の背番号が17の理由は?なぜ、11は駄目なの?

    この記事は約 4 分で読めます。大谷翔平選手がエンゼルスの入団を発表する記者会見をしましたね。 いよいよ二刀流が海を渡りメジャーに挑戦することになりました。   期待が高まる中、エンゼルスの …

    プロフィール

    プロフィール
    こんにちは『blog.IQさん』の管理人です❣
    ブログのタイトルは、『IQ』という知能指数、『一休さん』という~あわてない,あわてない,ひとやすみ,ひとやすみ~のフレーズで有名な小坊主さん、『一球』という球技で一つの球を追うことをまとめて表しています。
    人生が楽しく、感動をしながら生きることをモットーにブログの運営をしています。
    誰もが世界に一つだけの花、自分らしく生きましょう⁉