スボーツ

バブルボールでサッカー!家族でレクレーション手軽にゆるスポ!

投稿日:2017-09-01 更新日:

この記事は約 3 分で読めます。

  • サッカーワールドカップ、アジア最終予選が31日に行われました。

    一度も勝ったことがないオーストラリアを相手に2-0で勝利、6大会連続6度目のW杯出場を決めました。

    スポンサードリンク

    ワールドカップ出場決定!バブルサッカー界にも影響?

    ワールドカップ出場に対しては評価は決して良いものではありませんでしたが、ハリルホジッチ監督の采配も光り大胆に若手へとシフトしました。

    バブルサッカー! バブルボール!
    日本代表がワールドカップ出場を決めて盛り上がるサッカーですが、バブルサッカーも注目を集めています。

    https://twitter.com/bubble_JAPAN/status/891560990063468544

    9月1日にバンダイの子会社シー・シー・ピーより発売される「バブルボール」はビニールでできた本体に市販の空気入れで膨らませるだけ。スッポリとかぶって遊べます。

    遊び方は一人でも恋人同士でもまた複数人でも楽しめます。

     

    転がったりぶつかったり衝撃が吸収されるためいろいろな遊び方に応用が可能、サッカーなどスポーツとしても遊べます。かぶったままでフットサルをしたりできるのも面白いですね。

    内側には取手が付いていますので安定しています。身長は120センチ以上が推奨され、年齢は8歳以上からですのでお子さんとも楽しめますね。

    スポンサーリンク

    日本バブルサッカー協会も薦める!

    ワールドカップが開催されるほど世界でも人気がある「バブルボール」。

    【日本バブルサッカー協会】というのがあるのですが、その協会の萩原拓也さんは、

    「世界的には“ワールドカップ”が開催されるほど人気があるバブルサッカーの、日本国内での普及に役立つはずです」http://hobby.dengeki.com/news/432860/

    と家庭用に販売されることに対していコメントしています。

    また、【世界ゆるスポーツ協会】の代表理事である澤田智洋氏は、

    「運動が苦手な方も、このバブルボールを使用することで今までにない“手軽で楽しいスポーツ”を体験してもらえると期待しています」http://hobby.dengeki.com/news/432860/

    と応援しています。

    家庭用の【バブルボール】販売により、新たなコミュニケーションツールがアウトドアーでの楽しみ方を増やしてくれました。

    関連記事

    榎本樹(前橋育英)の経歴や出身中学やクラブ!プロフをwiki風に!

    この記事は約 4 分で読めます。平成30年の高校サッカーは劇的な勝利でまえば前橋育英高校が初優勝しましたね。 高校女子サッカーは『藤枝順心高校』が2大会ぶりの優勝を決めました。 高校男子サッカー決勝の …

    清宮幸太郎の現在の評価が低い理由は?指名球団の予想は?

    この記事は約 6 分で読めます。いよいよドラフト会議ですね。   清宮幸太郎選手はどこの球団に行くのでしょうか?   気になるところです。   間違いなく清宮幸太郎選手は …

    横浜DeNAが優勝のセールを高島屋と開催店はどこ?期間は?

    この記事は約 4 分で読めます。日本シリーズ2017はセ・リーグ3位の横浜DeNAベイスターズがパ・リーグ1位のソフトバンクホークスと一進一退の好ゲームを連日繰り広げていますね。   もし横 …

    本田真凜の祖父の会社や名前と仕事は?父の会社や仕事、家族も!

    この記事は約 9 分で読めます。フィギュアスケートで大活躍の本田真凜さん。   本田真凜さんは7人家族なんですよね。   そして子供たちは長女を抜かして皆がフィギュアスケートをして …

    高橋大輔が現役復帰!その理由と今後の予定は?初戦の大会や試合は?

    この記事は約 8 分で読めます。 驚きのニュースが飛び込んできました。 あのフィギュアスケートで活躍をし、2014年10月に引退を発表していた高橋大輔さん。 なんと、現役復帰する事が決まったんです。 …

    プロフィール

    プロフィール
    こんにちは『blog.IQさん』の管理人です❣
    ブログのタイトルは、『IQ』という知能指数、『一休さん』という~あわてない,あわてない,ひとやすみ,ひとやすみ~のフレーズで有名な小坊主さん、『一球』という球技で一つの球を追うことをまとめて表しています。
    人生が楽しく、感動をしながら生きることをモットーにブログの運営をしています。
    誰もが世界に一つだけの花、自分らしく生きましょう⁉